蓄熱式脱毛

この脱毛法は、スーパーヘアーリムーバル(SHR)方式ともいい、次世代の脱毛方式と高く評価されています。毛周期を待たずに1ヶ月に1回照射ができ、短い期間で脱毛することができます。45度から50度くらいの弱い光を、今までのように毛根のメラニンを破壊するのではなく、毛包やバジル部周辺に連続照射するため、痛みはほとんど感じません。また、メラニン色素をターゲットにしていないため、従来だと十分な効果の期待できなかった産毛や金髪、白髪にまで脱毛できます。同じく日焼け肌や元々色黒の方、ほくろの上でも問題なく使用できる利点があります。

この脱毛法で使用されている機械は以下の通りになります。一つは、脱毛にのみ特化した機械となります。1秒間に5ショットと、高速連射が可能で全身脱毛を高速施術で約30分で行うことができます。

一つは、IPLおよびIPLとRFの機能を使用した機械となります。こちらは連続照射により全身脱毛をわずか12分で行うことができます。また、日本製ゆえに日本人の女性の肌質や毛質の膨大なデーターを元に、技術・ノウハウを集結されたものです。IPLなどが搭載されているため、設定を変更するとスキンケアはもちろん、SHRのショットにより、脂肪細胞に働きかけ肌の弾力や体内環境の改善しバストアップなどのボディメイクが可能です。

S,S,C脱毛

この脱毛方法は、イタリアで研究され日本市場に向けて開発された施術法です。正確にはスムーススキンコントロールメソッドといい、SSCはこの頭文字をとって略しています。こちらはクリプトンライトという光と、施術に同社が独自開発した特殊ジェルを使用し、ジェルと光の相互作用で制毛する特徴があります。

この脱毛法で使用されている機械は以下の通りになります。一つは、SSCを開発した会社による機械です。同社により開発されたトレジャービーンズジェルには毛の成長を抑えるたり美肌効果の期待できるフィリニーブ入っています。フィリニーブはとてもデリケートであるため、トレジャービーンズの膜に保護されています。その膜は光が当たることにより破れ、同じく光の温熱によって開いた毛穴に効果的に浸透させることができます。ただし、このフィリニーブは体の脱毛は行えるが、顔の脱毛はできないという特徴があります。

一つは、純国産の機械となります。こちらは照射時間が0.5秒~0.9秒までと高速で施術できることに加え高速スライド(連射)もできるので、短時間での施術が可能になります。水冷式の冷却機能を採用し、皮膚に当たるヘッド部が冷たいので、痛さ熱さから肌を守ります。また、同シリーズは男性脱毛も可能で、濃くて太い男性のひげやすね毛を効率的に脱毛することもできます。

IPL脱毛

この脱毛方法は、インテンス・パルス・ライト(IPL)という特殊な光を用いて行う施術法です。この光は、黒色のメラニン色素に反応する性質があり、表皮表面の温度を上げずにムダ毛の毛根をダメージを与え脱毛する方法です。各サロンの選んだローションを使用します。

この脱毛法で使用されている機械は以下の通りになります。一つは、IPLとラジオ波(RF)による高周波エネルギーのメリットを組み合わせた機械になります。2つのエネルギーを合わせ、皮膚に触れる部分に冷却エネルギーを付加させることにより、皮膚へのダメージは少ないが、必要なエネルギーは素肌の深部まで導きつつ素肌の美容効果も高めることが可能になりました。脱毛をしながら多くの女性の悩みであるシミ・そばかすまた、小じわ・たるみ等を安全に改善できる機械といえます。

参照HP~フラッシュ+RF(高周波)を照射する機器を使用している大阪の脱毛サロン【ラドルチェ】

一つは、純国産脱毛機器で日本人の肌を熟知した機械プログラムを持った機械になります。照射面積が従来の機械より広く照射時間も2秒未満と短い事と、皮膚接触式冷却装置と温度コントロールセンサーによる冷却システムが搭載されているため、冷却ジェルや保冷剤を必要とせず素早い施術ができます。また、そのシステムが搭載されているということにより、高い安全性能と「施術者によって効果が変わらない」確実性能を持ち合わせた機械といえます。

どんな脱毛方法があるの?

昨今の美容意識の高まりから自分磨きの一環として、また低コストで脱毛ができるようになり、エステサロン等を利用して脱毛をする方が増えています。しかし、いざ脱毛に行こうとされときに「脱毛どんな方法がどこでできるの?またどのような特徴があるの?」と、二の足を踏む方も多いのではないでしょうか?

同じ脱毛でも使用する機械によって施術できる施設は3種類あります。主にレーザー脱毛を採用しているのは美容クリニックです。こちらは皮膚の深い所まで届く性質があるため、ごく軽度の痛みを伴う場合もありますが高い効果を短期間で期待できます。ただしその分費用も高めです。ニードル脱毛やフラッシュ脱毛を採用しているのは、エステサロンです。ニードル脱毛はレーザー脱毛やフラッシュ脱毛で施術できない、ほくろやシミ、色素沈着のある部分、白髪を脱毛できるメリットがありますが、毛穴1つずつの施術となるため広範囲の脱毛が難しく、料金も高額になります。強い痛みもあるため、この施術を取り扱う施設数はとても少なくなってきています。

フラッシュ脱毛は、美容クリニックで採用されているレーザー脱毛と同じ原理のフラッシュを弱めに出力しているため、照射回数や期間が必要となりますが、肌への負担が少なく痛みはほとんどない事と費用を低く抑えられる利点があります。美容クリニックは脱毛以外のメニューも充実しており、併せて全身を磨き上げることもできます。フラッシュ脱毛のみに特化しているのは、脱毛サロンです。こちらは低価格でエステサロン並みの脱毛技術を提供しています。

脱毛方法、特徴については以上になります。低価格で提供されている脱毛サロンの機械はどのようなものがあるのかについては、次の記事で説明します。